給湯器にとって弱点な冬の季節・・・! それには3つの理由があります・・・

冷え込みが強く感じられるこのごろ・・・

給湯器は寒さに弱く、冬の季節は特に故障しやすくなってしまいます。

なぜ寒さに弱いのか・・・!

それには大きく分けて3つの理由があるからなんです。

給湯するための負担が大きくなる



給湯器は電気・ガス・石油の力でお湯を供給しています。

夏場の東京の平均水温は約25度であるのに対し、冬場は10度を下回っています。

同じ42度のお湯を作ろうとしても、夏は17度だけ水温を上げれば良いのに対し冬は30度も水温を上げる必要があり、その分給湯器への負担が大きくなります。


稼働率が高くなる



給湯器にかかる負荷が大きいうえに、冬は給湯器の使用回数が増えます。

夏は水で皿洗いや洗顔をしているけれど、冬はお湯に切り替えるという場合やお風呂もシャワーから入浴にしたり、とにかく給湯器の稼働率が上がります。

このように、冬はお湯を出したり止めたりを1日に何回も繰り返すという事は給湯器に高頻度で高い負荷をかけてしまっているという事になります。

フルパワーで働き続けているので、給湯器がトラブルを起こしがちになってしまうのです。


気温の低下により凍結してしまう



凍結により給湯器内部の部品が壊れることもあります。

さらに配管が凍結しお湯が出なくなってしまったり、破損してしまうこともあります。

寒冷地や急な寒さなどで給湯器が凍結を起こし、配管内部の水が凍ってしまうことでお湯が出ないなんてことも頻繁に起こります。

現在、給湯器が品薄です。
冬が本格化する前にご心配がある方はお早めにお問合せください!

お問合せはこちら!!

 

次回は「冬場の給湯器凍結 くわしい原因と予防!」です。
お楽しみに!

施工事例はこちら!!

お客様の声はこちら!!

 

住まうサポートについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

価格表

お客様の声

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

  

ご相談・お問い合わせcontact

  • 電話で相談

    電話で相談
    • 自宅にいながら相談できる
    • お悩み事がすぐにすっきりする
    • リフォームを最後までサポート
    電話で相談
  • WEBで相談

    WEBで相談
    • WEBから気軽に相談
    • 複数の質問にも丁寧に回答
    • 現地調査や見積依頼にも即対応
    ご相談・ご依頼はこちら
  • LINEで相談

    LINEで相談
    • 使い慣れたLINEで気軽に相談
    • 現場写真もラクラク送信
    • 面倒なフォーム記載も無し
    LINEで相談