台風・ゲリラ豪雨に注意したいこと! 給湯器にとっての弱点…!?編 


大雨や台風などの悪天候は給湯器にとっても弱点になってしまうことが…!

給湯器はある程度の風雨を想定して設定されているので、普段から雨による故障を心配しすぎる必要はありません。

しかし、最近はゲリラ豪雨に象徴されるように、災害が激甚化することも多く、大雨や台風で想定以上の雨量や暴風になったときには注意が必要です。


台風の多い夏の終わりや、雨の降りやすい地域では、給湯器に排気カバーをつけるなど、給湯器内部への水分の侵入をなるべく抑える対策をしておくと安心でしょう。

梅雨の湿気も給湯器の大敵に…!
給湯器にとっては湿気も故障の原因になります。
給湯器は精密機械なので、水分に弱いです。梅雨の季節には、雨による給湯器トラブルに注意が必要です。

給湯器の排気口などから雨が吹き込むと、電気系統にダメージを与えたり、サビや腐食が発生したりすることがあります。

こちらも水分の侵入をなるべく抑えるために、配管カバーの取り付けなどが有効になります!

気になる方は画面下にある「ご相談・お見積もり…」よりお問い合わせください!↓↓↓↓↓
 

住まうサポートについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

価格表

お客様の声

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

  

ご相談・お問い合わせcontact

  • 電話で相談

    電話で相談
    • 自宅にいながら相談できる
    • お悩み事がすぐにすっきりする
    • リフォームを最後までサポート
    電話で相談
  • WEBで相談

    WEBで相談
    • WEBから気軽に相談
    • 複数の質問にも丁寧に回答
    • 現地調査や見積依頼にも即対応
    ご相談・ご依頼はこちら
  • LINEで相談

    LINEで相談
    • 使い慣れたLINEで気軽に相談
    • 現場写真もラクラク送信
    • 面倒なフォーム記載も無し
    LINEで相談